雨

ブログ プロフィール

アキのネットカフェ難民時代

投稿日:

こんにちは、気分障害のアキです。

私は19~20歳の頃ネットカフェ難民を経験しました。
その時のことを書きたいと思います。

関連記事:アキの躁うつな人生

 

スポンサードリンク

アキのネットカフェ難民時代

祖母から「いつまでここにいるつもりだ?」と言われた瞬間、私は「ここに私の居場所は、ない」と悟った。

「ここ」どころかどこにもなかった。

モラハラ男から逃れてきた実家は猫ごみ屋敷で、私の部屋もぐちゃぐちゃだ。

人の住める環境じゃない。そこに、母はずっと一人で暮らしてきているわけだが。

私には何もできなかった。

 

持っていた一番大きなカバンに、服や化粧品を詰め込んで名古屋に向かった。

場所は、金山駅。

近くに日雇い派遣の事務所があり、ネットカフェもあった。

 

日雇い派遣はそれ以前もやっていた。
今はなき「グッドウィル」という派遣会社だった。

倉庫内軽作業を中心に、マネキンもやったし販促もやった。

仕事の有無はその日の寝床に関わる。
寝床が確保できず、財布に数百円しかない状況でも、おにぎりではなく私は煙草を買っていた。ラッキーストライクを。

 

ラッキーストライクは一番最初の彼氏が吸っていた煙草だ。

彼氏と言えるかはわからない。なにせ、3日しか続かなかった。
それから私は出会い系サイトで奔放な性生活を送ることになる。

別に最初の男に何か思い出があるわけじゃない。

ラッキーストライク。

その語感や、パッケージが好きなのだ。

 

金山駅の二階のトイレは、携帯を充電するためによく利用した。
ウォシュレット付きのトイレにはコンセントがある。
ウォシュレットの電源を引っこ抜いて、携帯の充電器を差す。

さみしさに震えながら、mixiに夢中になっていた。

でも、そこに中学時代の友人が「覚えてる?」と書き込んできた瞬間に、私は全てがむなしくなって、mixiをやめた。

それからは、2chのオフ板を見るようになった。

 

さみしいときに、2chのオフ板はとても良かった。

誰かがいる。

出会い厨もそれなりにいたけど、案外普通の人が多かった。ちゃねらーだが。

 

時々オフ会で飲んで、一時のさみしさは紛らわされた。

でも一人になった瞬間に、突きつけられる。

財布の中身と、明日の仕事という現実に。

 

ネットカフェのシャワー室で、服を洗っていた。
ドライヤーである程度乾かし、ナイトパックで寝ている間に干す。

なんで生きてるんだろう。

なんでここまでして生きてるんだろう。

でも死ぬのは怖かった。

 

いっそのこと風俗の仕事でもしようか。
年齢は19歳。

面接に行った。

でも、「暗い」と言われ面接は通らなかった。

うつ状態なんだから、そりゃあ暗いだろう。

 

なんの取り柄もない。

なんの役にも立たない。

ドブネズミのように生きている。

このままいつか、野垂れ死ぬのだろうか。

 

夜無人になったオフィスビルの2階は夜を過ごすのには絶好だった。

屋根がある。下はカーペット。トイレも使える。

防犯カメラはまだあまり普及していなかった。

 

同じネットカフェに出入りしていると、同じ境遇らしい人も何人か見かけた。

ネットカフェのシャワーを利用する層はまあ大体同業者だ。

視線も合わさず、挨拶もしなかった。

お互いに孤独だった。

そしてそうなる道を選んだのは、自分だったのだ。

 

この時野垂れ死んでいたら、今でもそう思うことがある。

あるいは、出会い系サイトで遊んでいたときに人身売買に遭っていたら。

どうなっていただろう。家族はどう思っただろう。

それでも私は日々生きた。
地べたを這いずりながらでも、生きた。

突然家を飛び出した私に、家族から連絡が入ることはなかった。

 

2chのオフ会で知り合った友人とゲームセンターに入った。

この時期、プリクラがとても好きだった。
何かにつけプリクラを撮った。

その日も、プリクラを撮りにゲームセンターに立ち寄った。

そこで、友人は一人の男に手を挙げる。

「おー!久しぶり!」

二人は旧友だった。

 

2月だった。
ネットカフェ難民になって3ヶ月目だ。

厳しい寒さに耐えながら日々生きていた。
雨の日は最悪だった。
大きな荷物に加え、傘はとてもかさばる。

その日も雨が降っていた。

傘を持たない私に、はじめて会ったばかりのその男は自分の傘を差しだした。

そして、3人で居酒屋に向かった。

私は飲むお金を持っていなかったが、いいよ、俺が出すから一緒に飲もうと男は言った。

 

私は自分の境遇を話すとき、努めて明るく伝えている。

かわいそうだと同情されたくなかった。

ドブネズミのような生活をしていても自尊心はあった。

 

飲んだ後、男はちょっと家に寄ってよ、と私を誘った。

どうせ身体が目当てだろうと思った。

でも男の家で渡されたのは、合鍵だった。

その男の家の、合鍵。

 

「僕は昼間家にいないから、ベッドもシャワーも好きに使っていいから。」

男は私に手を出さなかった。

 

それから、私はその家に居つくようになった。

自然に、同棲生活のようになっていった。

アルバイトも始めた。

日雇いじゃない、アルバイトを。

 

男は私に結婚して欲しいと言った。

一目惚れだった。放っておけなかった。好きだ。愛してる。

 

そんな言葉をかけられたことがなかった私は、戸惑った。

本気で言っているのか?
何か裏があるんじゃないのか。

でも男は、見ず知らずの出会ったばかりの女に自宅の合鍵を渡すような、愚直で素直な人間だった。

1年一緒に過ごして、私はその言葉を受け入れた。

 

屋根がある。
布団がある。
シャワーがある。

それだけでも貴重だった。

ありがたかった。

 

でもそれだけじゃなく、男は私に愛を説いた。

私には愛が理解できなかった。今も理解できていないと思う。

でも、「ここにいてもいいんだ」と感じるには十分だった。

 

安心できる場所。
帰ってもいい場所。

それは私にとって、当たり前のものじゃなかった。

夫は、私をそこから、救い出してくれた。

スポンサーリンク

こんな記事はいかがですか?

気分障害とのおつきあい 1

こんにちは、気分障害のアキです。 この記事では、うつ病と診断されてから利用してみて、健康のために役に立っている感のあったアプリを4種類厳選して紹介します。

医師と握手 2

こんにちは、気分障害のアキです。   私は機能不全家族の中で育ちました。 機能不全家族とはストレスが日常的に存在している家族状態のことです。 主に親から子どもへの虐待・ネグレクト(育児放棄) ...

休養 3

    こんにちは、気分障害のアキです。 うつが酷いときって一日中ベッドから動けない日もありますよね。 私はトイレとタバコ以外ほぼほぼ動けなくなります。 考えるエネルギーも動くエネ ...

財産 4

こんにちは、気分障害のアキです。 前回の記事では私の黒歴史を含むインターネット経歴をズケズケと書きました。 関連記事:アキのインターネット(黒)歴史   好きこそものの上手なれ じゃないです ...

ストレッチ 5

こんにちは、気分障害のアキです。 ネガティブな波に襲われているとき 頭のモヤモヤが晴れないとき わけもなく涙が出るとき そんなときは、何か作業に没頭することで、その作業中は雑念が飛びます。 でも、「何 ...

-ブログ, プロフィール

Copyright© 気分障害とのおつきあい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.