日本

ブログ

防災対策は小学生に聞くべし

投稿日:

こんにちは、豪雨のニュースに落ち込み気味なアキです。

西日本の各地ですごいことになってますね…。

避難要請を出されている方が無事に夜を過ごせるよう名古屋の空の下からお祈りしております。

 

スポンサードリンク

防災対策は小学生に聞くべし

自分が生まれ育った地域で子育てをしている方はどのくらいいるでしょうか。

少なくとも私は地元からは離れています。

嫁ぐ立場、つまり女性は見ず知らずの土地で子育てをしている方が多いのではないかと思います。

そんな方にはぜひ、今回のような災害が起きるかもしれないとき、小学生以上のお子さんに聞いてみてください。

小学生になると生活や社会の授業の中で、その地域の成り立ちや特性を学んでいます。

毎月のように防災訓練も行っています。

リスクマネジメント系のお仕事をされている方を除き、家庭の中で一番防災意識が高いのが小学生以上の子どもなんです

ぜひお子さんに今住んでいる地域の成り立ち(歴史)や土地の特徴を聞いてみてください。

 

私が生まれ育った場所の場合

アキが生まれ育ったのは木曽川という大きな川の目と鼻の先です。

小学生のころに、木曽川が度々氾濫していたこと、江戸時代以降の治水工事によってそれがおさまっていること、それでも伊勢湾台風の際には被害が出たことなどを習いました。

また、川の近くなので地盤が弱く、過去には日本最大の直下型地震といわれている濃尾地震の被害にみまわれていて、今、いつその断層が動くかわからない時期だということを習いました。

自分が育っている土地の歴史は大人になった今でも覚えています。

小学校ではそういった大切なことを勉強するのです。

 

日本は自然災害大国です

毎年台風に加え、温暖化の影響で集中豪雨も発生しやすくなっており、また毎年のようにどこかの地域で震度6以上の地震が起きています。

田舎には田舎の、都会には都会の災害リスクがあります。

いま一度、ご自身の防災対策を見直していただき、小学生以上のお子さんがいるのであれば、お子さんに今住んでいる地域の歴史や、学校でどのような防災訓練を受けているのか聞いてみてください。

子どもたちは自然災害大国の最先端の教育を受けています。

地震もこわいですが、水害も全てをさらっていってしまいます。

生まれ育った土地ではない場所で育児をしている方は特に、どうか今住んでいる土地の特色を知って対策をとってください。

スポンサーリンク

こんな記事はいかがですか?

気分障害とのおつきあい 1

こんにちは、気分障害のアキです。 この記事では、うつ病と診断されてから利用してみて、健康のために役に立っている感のあったアプリを4種類厳選して紹介します。

医師と握手 2

こんにちは、気分障害のアキです。   私は機能不全家族の中で育ちました。 機能不全家族とはストレスが日常的に存在している家族状態のことです。 主に親から子どもへの虐待・ネグレクト(育児放棄) ...

休養 3

    こんにちは、気分障害のアキです。 うつが酷いときって一日中ベッドから動けない日もありますよね。 私はトイレとタバコ以外ほぼほぼ動けなくなります。 考えるエネルギーも動くエネ ...

財産 4

こんにちは、気分障害のアキです。 前回の記事では私の黒歴史を含むインターネット経歴をズケズケと書きました。 関連記事:アキのインターネット(黒)歴史   好きこそものの上手なれ じゃないです ...

ストレッチ 5

こんにちは、気分障害のアキです。 ネガティブな波に襲われているとき 頭のモヤモヤが晴れないとき わけもなく涙が出るとき そんなときは、何か作業に没頭することで、その作業中は雑念が飛びます。 でも、「何 ...

-ブログ
-, ,

Copyright© 気分障害とのおつきあい , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.